美白のためのしみ対策

美白を目指す人にとって、大敵なのが「しみ」の存在です。しみは皮膚の奥にメラニン色素が定着することによって起こります。メラニン色素は、肌に紫外線を受けた時、有害な影響が与えられないように肌の中に生成される物質です。しかし肌の代謝機能が充分に働き、「ターンオーバー」と呼ばれる肌の生成サイクルが働くことで、役目を終えたメラニン色素は自然に排出されていきます。
ところが、加齢などにより肌の代謝機能が衰えてくると一度生成されたメラニン色素が上手に排出されずにそのまま肌の中に沈着を起こしてしまうようになってしまいます。これが増えることで消えないしみが肌に出てくるようになるのです。つまり、しみを防ぎ美白を実現するためには、「紫外線対策」と「肌の代謝機能アップ」の両面からの対策が大切であるということです。
しみができてしまったとき、多くの人がとってしまいがちなのが、肌の上から色を乗せて無理やり白く見せかけようとすることです。ですが、根本的にしみをなくそうとするならむしろ肌の内側の代謝力を高めるようにする方法が効果をもちます。具体的には、肌に保湿成分を補い、肌にうるおいを持たせるようにするのです。ビタミンC誘導体などが配合された美白化粧品を使うことで、メラニン色素が排出されやすくすることができます。
しかし、治療よりも予防をしようとすることが大切です。日頃から紫外線対策をし、しみができにくい肌質をキープできるようにしていきましょう。