脱毛方法の比較

脱毛の方法にはいくつか種類があります。代表的なものとしては「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」「針(ニードル)脱毛」の三種類に分類ができます。このうち自宅でも可能な脱毛方法は「フラッシュ脱毛」で、現在も販売中の家庭用脱毛器にこの仕組が利用されています。フラッシュ脱毛は、エステティックサロンなど医療機関以外で受けられる脱毛施術にも使われています。
それぞれの脱毛方法を比較してみたとき、施術時の痛みが最も軽いのがフラッシュ脱毛です。感覚的には軽くピリッとする程度で日をまたいでも残るようなものではありません。それに対してレーザー脱毛の場合は明らかに熱と刺激を肌に感じます。痛みも若干あり、輪ゴムで弾かれる程度の衝撃があります。針(ニードル)脱毛では、文字通り針を皮膚に挿し込む方法によるので、チクチクと刺さる痛みがあります。
いずれの脱毛方法を行う場合でも、完全にトラブルがないわけではありません。光線照射を行うフラッシュ脱毛とレーザー脱毛の場合、施術者の技術不足や体質的な肌の弱さなどにより、照射部分の皮膚に炎症や火傷が起きてしまう場合があります。針(ニードル)脱毛では、出血を伴うこともあり、失敗の度合いによっては色素沈着や感染症の可能性もあります。
しかし、これらは自宅でカミソリで剃るなどの脱毛法を行うより数段きれいに処理することのできる脱毛法です。リスクの存在をきちんと理解をしておき、その上で自分にあった脱毛法を選択していきましょう。